プロを目指す新卒営業マンは、モチベーションに頼るな。vol5

■前回の記事では、モチベーションに頼らず、
成果を出し続ける営業マンになるために、
具体的な方法1)をご紹介した。

プロを目指す新卒営業マンは、モチベーションに頼るな。vol4
■前回の記事では、 モチベーションあげることではなく、「スタンダード化」を目指すとよい。 と話をさせていただいた。 ...

モチベーションに頼らない営業マンになるための3原則。
1)テンションを上げすぎない。
2)テンションを落とさない。
3)継続する。

本日は2)テンションを下げない。
をご紹介する。

 
■上記の3原則の中で、これが一番難しい項目だろう。
ここで、営業マンがよく陥るパターンをご紹介する。

前回の記事でも書いたが、

最初は営業マンとして苦労するだろうが、行動し続けている限り成果が出る。
その例外はない。

すると、
「これは、俺の実力だ。」
といって、調子にのる。

一時的に会社にも評価されるようになるだろう。
ますます調子にのる。

人間であれば、どれだけ謙虚な人間でも浮かれてしまう。

これがカラクリなのだ。

 
■つまり、営業で成果が出た

「うおぉ俺の実力だぜ。」

→会社からも評価をうける。
→自分の実力だと思い、調子にのる。
→周りへの感謝を忘れ、傲慢になる。

→すると、行動がとまる。テンションがさがる。
→営業成果が出なくなる。
→更にテンションが下がる。
(上がっていた分、落差が激しい。)

→まわりや会社から最後ハシゴを外される。
→精神的に追い込まれる。

 
■このようなストーリーが必ず起きる。

これが、基本的に多くの営業マンがやられるトリックなのだ。

ここが世の中の多くの営業マンはわかっていない。

なんで営業の成果がでたのか?評価されたのか?

冷静に考えれば自分の実力ではないことに気づく。

なぜなら、人の実力はすぐには上がるものではないのだから。

■ここで絶対に理解していただきたいことは、
必ず、多くの支援者がいて、会社というシステムに助けられている。

ということを常に念頭におく。ということだ。

 
■傲慢になった人を助けるバカはいない。
必ず見放される。

だから、皆さんに絶対知ってほしいのは、結果が出てもおごらず。

(そして、ここからが重要だ)

たとえ、結果が出てなくても、腐らずに。(テンションをさげずに)

冷静に行動し続けること。これを守らなくてはいけない。

 
■腐らずに行動するには、

「ほかの人を見ない」というのもポイントだ

同期で評価されている人を見れば焦る気持ちや、精神的に動揺することもわかるが、あなたには、あなたらしさやあなたの価値がある。

それはすぐに評価されないケースだってある。

私もそうだった。
やはり評価されなくて悩んだ時期もある。

退職も考えたこともゼロではない。

しかしここで腐らず、行動し続けた結果、3年、4年、5年と、次第に評価されるようになった。

しかも長く継続していたため、「信頼」というお隅付きを得た

 
■これができると、
あがらず、下がらず、という状況になり、
安定した行動がうまれ、やがて「安定した成果」への道筋が開ける。

 
今日も新卒の営業マンにエールを。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする