小林一行さんのパーソナルブランディング秘話(1)


小林一行さん成功秘話(1)
様々な業界で、自分ブランドを確立している著名人にご自身のパーソナルブランディングについてインタビューする『あの人のパーソナルブランディング成功秘話』。

今回は、自著が10万部超えている著書でもある、我慢しないダイエット」の小林一行(こばやし いっこう)さんに、自分のブランドを確立するにあたり、考えたこと、実行したこと等のブランディングストーリーについてお伺いしました。
週末起業という形でスタートをした小林さんが競争の激しいダイエットの業界で自分ブランドを確立できた秘訣はいったい何なのでしょうか。

小林一行さんのプロフィール
「好きなものはやめない」というコンセプトで、メンタルカウンセリングとダイエット指導を融合し、ストレスなく痩せる独自のダイエット手法「ダイエットセラピー」を開発。自分自身も飲み会を一切断らず、お菓子など甘いものもやめずにダイエットに成功した手法で、多くのダイエットを手助けしている。
10万部を超えた著書「なぜ一流の男の腹は出ていないのか?」(かんき出版)など、9冊を出版するなど著者としても活躍中。

「我慢しないダイエット」という新しいコンセプトが差別化の要因に

ーそもそもダイエットを専門にしようとしたきっかけ何だったんですか?

自分が2年で25キロ痩せた経験ですね。
実は週末起業としてビジネスを始めようと思った当初は、ダイエットが専門ではなかったんですよ。
最初はパソコン応援隊というお客様のお宅に伺ってパソコン回りのサポートをするパソコンの先生のようなビジネスを始めようと考えていました。そのために準備してチラシやホームページなども作り始めていました。

ーなぜパソコンの先生からダイエットに変更したんですか

パソコンの先生のビジネスを始めるにあたり、既に同じようなビジネスをやっている人の話を聞こうと思って、パソコンヘルプをやっているホームページを検索して、片っ端から社長さんたちにメールを出したんですね。
まったく返信はなかったのですが、1人だけ返信があって、「やめたほうがいいよ」って言われました。
「パソコンの単価が下がってる中で、1時間5000円は取らないとやれないけど、2時間3時間たつと、5000円/時間だとあっという間に2万、3万になってしまう。そうすると、何やってるんだってクレームになりやすい。しかも何か起こると全部こっちのせいになっちゃうから結構きついよ」と。
その方は、もともと IBMで勤めていたそうなのですが、辞めなければよかったって言っていたのを聞いたのと、パソコンの先生という仕事はユーザーのトラブルシュートだから、自分の独自性が出せないと、安売り競争になってしまうな、ということでやめました。
今考えれば、切り口を変えるっていうやり方もあったんだけど、その時はその話を鵜呑みにしちゃいましたね。
で、自分の独自性が出せるものが何かないかっていう時に、自分のダイエット経験がオリジナルじゃないかとひらめいたんです。
それまで何十回もダイエットに挫折してきたのに、自分で考えて行った“昼休みのウォーキング”だと、リバウンドせずに続けることができた、この方法を人に伝えればダイエットに困る人は減るんじゃないかなと。
自分でさえできたんだから他の人でもできるだろうと思いました。

ー他にもダイエットを専門にやっている方は他にもたくさんいますよね。PCはやめたけど、それでもダイエットにしようと思ったのは、なぜですか。

やっぱり意志が弱くてもできた方法だからかなと思います。自分の好きなこととダイエットを組み合わせて、秋葉原を歩くっていうのは、他でも聞いたことないやり方だったから、これなら独自性を出せるんじゃないかなと。
最初は、「秋葉原ダイエット」って言ってたんですよ。でも「秋葉原ダイエット」だと秋葉原好きな人しかやらないなーと。
たしかに秋葉原だとだいぶ絞れてしまいますね(笑)
それで、「ダイエットだけど我慢しなくていいよ」というメンタル面にフォーカスをしました。
今もちょうど動画キャンペーンをやってますけど、「我慢せずに痩せる」っていうのは、今もかなりニーズがありますよね。

ーなるほど。新しいコンセプトを打ち出して、それが差別化の要因になったということですね。最初ダイエットで始めようと決めてから、最初の書籍を出版されるまでは、どれくらいの期間だったんですか

3年ぐらいだったと思いますね。2010年の年始に始めて、1冊目の書籍が出たのが2012年の12月 だからまるまる3年ぐらいですね。
それから、10万部売れた「一流の男の腹はなぜ出ていないのか」が2014年3月だったかな。
私は時間がかかっている方だと思います。

ーコンサルタントの支援やセミナーなど自己投資にコストはどれくらいかけましたか?

コンサルタントの支援も受けました。30万とか40万円のセミナーも出ていました。トータルでは、400万~500万円は投資してるんじゃないですかね。

ー何の自己投資が多いんですか

コンサルティングを受けた費用が一番大きいと思います。内容はブランディングや集客などでした。その他には自己啓発系のセミナー受講費が大きいですね。
 

次回は、どのように小林一行という専門家をどのように伝えていったかについて直撃しています。

小林一行さんのパーソナルブランディング秘話(2)
「我慢しないダイエット」の小林一行(こばやしいっこう)さんに、自分のブランドを確立するにあたり、考えたこと、実行したこと等のブランディングストーリーについてお伺いしました。第2回は、自分のブランドを知ってもらうためにどのような活動をしたかなどをお伺いしました。
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする