パーソナルブランディングをAからZで表現すると

パーソナルブランディングの全て(AtoZ)と題して、アルファベットのAからZを含む
パーソナルブランディングの施策を紹介しています。
AからZの単語でパーソナルブランディングの取組を紐づける発想自体もおもしろいですが、中身もしっかり考えられており、一読の価値があります。
ぜひご覧ください。

A : Authenticity

Aは信頼性(Authenticity)のAです。

本物以外のことには手を出さないようにしましょう。
あなたがわくわくすることを見つけましょう。
あなたの真の強みを基に、あなたのブランドを構築しましょう。

B : Blog

Bはブログ(Blog)のBです。

物事の実態を見抜く力のあるWebサイトは、パーソナルブランドのエンジンとなります。
ブログはWebサイトの燃料です。
ブログを始める必要があります。辞めずに続けましょう。

C : Content

Cはコンテンツ(Content)のCです。

価値のあるコンテンツは、磁力(人を引き付ける力)を持ちます。
ブログで様々な興味深いコンテンツを作成して、マインドシェアと自分のブランドへの信用を獲得しましょう

D : Define Your Audience

Dは顧客を定義する(Difine Your Audience)のDです。

読者のニーズにフォーカスするために、彼らの痛みを定義し、あなたがどのように手助けできるかを明示しなければなりません。
調査を行うことがとても役に立つでしょう。

E : Email List

EはEメールリスト(Email List)のEです。

Eメールはあなたのエースであり、お金のメディアです。
それはプライベートなものなので、相手からの同意を得た上で利用しましょう。
Eメールリストを作成して使用しましょう。

F : Focus

Fは集中(Focus)のFです。

ぼやけたブランドは、衰退します。
あなたが影響を与えようとしている人たちの心につながるために、ニッチな分野であなたのブランドを定義しましょう。

G : Graphic Design

Gはグラフィックデザイン(Graphic Design)のGです。

あなたの創ったすべてのものが気品と連続性を持って提示される必要があります。
あなたのブランドをうまく反映されている興味をそそるロゴ、カラーパレット、設計基準を開発しましょう。

H : Helping Others

Hは他人を助ける(Helping Other)のHです。

チャンスがくるのを待ってはいけません。
役に立つ方法を見つけましょう。
ボランティアをする最初の人になる、人をつなげる、もしくは意味のある使命を背負いましょう。

I : Inflencers

Iはインフルエンサー(Inflencers)のIです。
(編注:インフルエンサーとは、世間に大きな影響力をもつ人や事物のことです)

影響力のある専門家は、著名な友人を持っています。
指導者を探しましょう。
彼らを取り囲みましょう。
彼らにとって価値ある方法を見つけましょう。

J : Join

Jは参加(Join)のJです。

提携はあなたのブランドの成長にとって非常に重要です。
あなたが参加することを誇りに思うグループを見つけ出し、招待され、あなたの存在を知ってもらいましょう。

K : Keywords

Kはキーワード(Keywords)のKです。

検索する際に、どのキーワードであなたにつながることができますか?
最も関連性の高いキーワードの短いリストを作成し、頻繁に使用しましょう。

L : LinkedIn

Lはリンクトイン(LinkedIn)のLです。
(編注:LinkedInとは、世界最大級のビジネス特化型SNSです。LinkedInはこちら。)

プロの世界において “誰が誰”というのが現代です。
真剣にLinkedinに取り組み、隅々まで熟練しましょう。

M : Media

Mはメディア(Media)のMです。

メディアはこれまでより複雑に、かつ必須になっています。
あなたのフィールドで最も価値のある店舗を特定し、ブランドを高めるために、そのツールを利用しましょう。

N : Network

Nはネットワーク(Network)のNです。

地元、地域、世界とつながりましょう。
名刺もしくは配布する価値がさらに高い配布物を持ちましょう。
フォローし、フォローし続けましょう。

O : Opine

Oは意見を述べる(Opine)のOです。

普遍的な魅力という概念を否定しましょう。
あなたの理想を強く支持し、あなたの意見を表明してください。
穏やかな土地には何の評判もありません。
大胆になりましょう。

P : Photo

Pは写真(Photo)のPです。

あなたの顔はあらゆるメディアに掲載しなければなりません。
ここではケチケチしないようにしましょう。
プロのカメラマンに「私はあなたの友人です」と伝わるプロフィール写真を撮影しましょう。

Q : Questions

Qは質問のQ(Questions)のQです。

質問をしましょう。
人々に彼らの話を教えてもらえるよう頼みましょう。
彼らのアイデアを求めてください。
そして耳を傾けましょう。 誰もが良く話を来てくれる人を好きになります。

R : Recognizing

Rは認識(Recognizing)のRです。

自分1人で目標を達成することはできません。
個人的かつ公的に、あなたのブランド開発に関わったすべての人の貢献を認識してください。

S : Slogan

Sはスローガン(Slogan)のSです。

あなたのブランドは、あなたが約束するものでなければなりません。
USPを開発し、簡潔で覚えやすいスローガンで表現しましょう。

T : Teach

Tは教える(Teach)のTです。

あなたが尊敬するすべての人があなたに貴重なレッスンをしてくれました。
次は、教師を育て、信頼できる助言者になることであなたのブランドを構築しましょう。

U : Understand Triggers

Uはトリガーを理解する(Understand Triggers)のUです。

弱いブランドは知的な議論だけに焦点を当てています。
強いブランドが感情に触れています。
あなたが習得する必要のある科目は心理学です。
心理学を学びましょう。

V : Voice

Vは声(Voice)のVです。

人々はあなたがどのように感じさせるかを覚えています。
あなたが言っていることは重要ですが、それをどういった方法で言っているかはさらに重要です。
ユニークで本物の声を発しましょう。

W : Win Friends and Influence People

Wは「人を動かす」(Win Friends and Influence People)のWです。
(編注:デール・カーネギー著『How to Win Friends and Influence People(邦訳:人を動かす)』)

デール・カーネギーの古典本は、影響力の本質を理解するためのマニュアルとして他に勝るものはない。
この本を読んで新しい友達をえましょう。

X : eXamine

Xは分析する(eXamine)のXです。

すべてのオンライン活動のX線(編注:見える化するものの例え)となるのは分析です。
Googleアナリティクスやその他のツールを使用して、サイトでの訪問者の行動や、訪問者のユーザーエクスペリエンスを改良するためにできることを教えてくれます。

Y : You

Yはあなた(You)のYです。

感情的に書く最初のルールは、最初の人を使用しています。
あなたは私です。読者はあなたです。
ボタンを押したいと思ってもらえるよう話すように書きましょう。

Z : Zeal

Zは、熱意(Zeal)のZです。

熱意は、何かを行う決心をするような強い関心と熱烈な興味です。
熱意がなければ、パーソナルブランドを構築する上でのポイントはありません。

この記事は、Life Hacksに掲載された「The Complete A to Z Guide To Personal Branding」を翻訳した内容です。
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする